• sostvjapan@outlook.com
  • 050-1141-2318

2.礼拝の日と人類の歴史の始まり

ser_banner_01

  それはいつ、どこで、どのように始まりましたか?
 
 「はじめに神は天と地とを創造された」(創世記1:1)。偉大な神様は、地球を創造され、地上を美の衣で覆い、陸地や海のすべての生き物を創造し、人間にとって有用なすべてのもので満たされました。そして、創造の六日目の最後に、神様は人間を創造され、創造のわざを終えられました。神様は、ご自身のみ手によって成し遂げられたみ業をご覧になって、満足されました。「神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である」(創世記1:31)

すべては完全であり、聖なる創造主にふさわしい世界でした。そして神様は、ご自身の栄光、その知恵と、善と美、愛をあらわす記念日として、創造の業を終えられた第七日目に休まれました。「こうして天と地と、その万象とが完成した。神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである」(創世記2:1~3)
 

  ユダヤ人のためばかりでなく全人類のための安息日
 
  第七日目に、創造の業を終わって休まれた神様は、人間のためにその日を安息日として聖別されました。「家はすべて、だれかによって造られるものであるが、すべてのものを造られたかたは、神である」(ヘブル書3:4)。すべての家に竣工の日があり、すべての製品には製造の日付がつけられるように、地球にも創造が完成された日付があります。その日が安息日なのです。
神様は六日目の最後に、アダムとエバを創造され、間もなく彼らを結婚させられました。そして、彼らの安息の場所である家庭を作られました。それから、第六日目が終わり、次の第七日を安息の時間として聖別され、彼らを聖なる時間の中に招待されました。それゆえ、創造の後に迎えた最初の安息日は、アダムとエバの結婚生活の始まりであり、同時に、人類の歴史が始まった日でもあります。

 
  神様が、エデンの園で第七日を祝福して聖別して下さったゆえに、安息日は、神様の創造の記念日として存在しています。安息日は、すべての人間の父であり、代表者であるアダムに委託されました。そして安息日の遵守は、この世界に住むあらゆる人にとって、神様が彼らの創造主であり、彼らの正当な主権者であること、従って、造られた者は、造って下さった方の権威に、感謝をもって服従する以外にないことを認める行為になるはずでした。

安息日の制度は、全面的に神様の創造を覚え記念するためのものですから、全人類は安息日を迎えるたびに、自然に創造主なる神様を思うようになっていました。したがって十戒の安息日は、しばらくあってやがて消えて行く影のようなものではありませんし、ユダヤ民族というような、ある特定の人たちにのみに適用されるものでもありません。ユダヤの十二の部族がこの地に形成されるずっと昔、すなわち、この地球の歴史が始まるときすでに、安息日は制定されていたのです。

footer_1

Home  |  Next page  |  Back


書籍・CD・DVDすべて無料! 全国一律送料無料!!

Contact Us